海外子会社管理ニュース

海外子会社の様々なニュースです

会計処理

協栄産業(6973) 香港子会社の棚卸資産減損の可能性

実例 協栄産業は、香港子会社のKYOEI ELECTRONICS HONG KONG LIMITEDの仕入先の德淮半导体有限公司の破産により、香港子会社の保有資産の品質に支障が出るため、資産の再評価を計画しています。保有資産の簿価は1億6千2百万円です。連結子会社における仕入先…

クボテック(7709) 米国子会社が債務免除で特別利益

実例 クボテックのアメリカ子会社であるKubotek USA, Inc. は、借りていた新型コロナウィルス対策の米国中小企業向けの融資(Paycheck Protection Program)が一定の条件に達したことから、この度債務免除となったため、約59百万円の特別利益を計上する予定で…

倉庫精練(3578) メキシコ子会社売却代金一部未回収で貸倒

実例 倉庫精練は2021年3月期に貸倒引当金繰入額を計上することといたしました。理由は2019年3月のメキシコ子会社全株式売却代金の一部である110,710千円が未収のためです。未収の原因は倉庫精練が必要な認可を取得できなかったためです。売却先との譲渡代金…

東京きらぼし(7173) タイ企業へクロスボーダーローン実施

実例 東京きらぼしフィナンシャルグループの子会社であるきらぼし銀行は、アルゴ・ホールディングスのタイ子会社Argo Asset Management (Thailand) Co.,Ltd.に、タイバーツ建てクロスボーダーローンを実行いたしました。タイバーツ建て融資は本件が初です。 …

日本ハム(2282) タイ持分法適用会社を減損70億円

実例 日本ハムのタイ子会社 S.A.E Holding Pte. Ltd.の30%投資先Panus Poultry Group Co., Ltd.の鶏肉事業不調により、投資に係る減損損失5,291百万円、無形資産に係る減損損失1,785 百万円を計上しました。2021年3月期第3四半期連結決算において計上され…

Fringe81(6550) ドイツ子会社を清算

実例 インターネット広告のFringe81は20日、ドイツ子会社であるUnipos GmbHの解散及び清算を決定しました。2019年に設立したもののコロナ禍により将来見通しがつかないためです。2020年12月期売上は376千円、当期純利益△94,624千円、純資産△143,963千円でし…

西華産業(8061) タイ子会社全株式の譲渡完了

実例 三菱グループの総合機械商社である西華産業は、去年10月に公表したとおり、本日タイ子会社Seika YKC Circuit (Thailand)Co., Ltdの全株式譲渡が完了しました。譲渡先は相手先の意向により非公開です。本譲渡に伴い繰延税金資産を計上、法人税等税金費用…

バルクHD(2467) 米国⼦会社への貸付⾦で為替差損1,900万円

実例 バルクホールディングスは、2021年3⽉期第2四半期において営業外費用(為替差損)を計上することになりました。米国⼦会社への貸付⾦により為替差損が1,900万円発生したためです。 注目ポイント 一見すると連結すれば貸付金は消えるので、日本側で発…

山喜(3598) 中国子会社の生産事業を再編

実例 シャツ製造の山喜は、中国子会社の上海山喜服装有限公司の生産事業を同じく中国子会社の塩城山喜服装有限公司に移管することといたしました。上海の人件費高騰によるものです。移管後は生産管理や中国国内の営業活動を行います。この再編により、リスト…

テイ・エステック(7313) 中国子会社を合併により再編

実例 自動車部品メーカーのテイ・エステックは中国子会社2社を合併することといたしました。存続会社の社名は寧波提愛思汽車内飾有限公司へと変更いたします。効力発生日は2021年1月1日です。 注目ポイント テイ・エステックは国際会計基準(IFRS)を採用し…

東京ガス(9531) アメリカ関連会社増資で連結子会社化

実例 東京ガスは、アメリカ子会社の東京ガスアメリカ社が46%出資する米国テキサス州のガス開発・生産事業会社キャッスルトン・リソーシズ社を子会社化することといたしました。キャッスルトン・リソーシズ社が米国ルイジアナ州のガス田の権益を取得する上で…

キトー(6409) オランダ子会社株式を100%取得

実例 機械メーカーのキトーはドイツ子会社Kito Europe GmbH を通じ、非連結子会社のオランダのヴァン・ルースデン社の株式を追加取得し100%子会社といたしました。直近2019年12月期の売上は4.5億円です。 注目ポイント 非連結子会社とは連結に含まない50%…

伊藤園(2593) コーヒー関連米国子会社不調でのれん減損49億円

実例 伊藤園は米国のコーヒー豆製造販売子会社Distant Lands Trading Co.のアメリカにおける競争激化で収益が見込めなくなりのれんを49億円減損しました。 注目ポイント のれん(Goodwill)とは買収対象会社の純資産額を超えて支払った場合の差額です。つま…

キッコーマン(2801) 営業利益7割は海外

実例 キッコーマンの2020年3月期売上4,686億円の61%である2,841億円は海外で発生し、営業利益398億円の71%である282億円は海外が占めます。その7割は北米が占めます。 注目ポイント 国際企業であるキッコーマンですが、2021年3月期より国際財務報告基準(IFR…

空港施設(8864) シンガポール孫会社連結対象化

実例 空港運営管理を営む空港施設のシンガポール孫会社AIRPORT FACILITIES ASIA PTE.LTD.の重要性の高まりを受け、この度連結子会社の対象となりました。 注目ポイント 上場企業の場合、全ての子会社は連結対象になりますが、売上が小さいといった重要性が低…