海外子会社管理ニュース

海外子会社の様々なニュースです

海外再編

トリドールHD(3397) 香港証券取引所へ上場申請

実例 トリドールホールディングスの孫会社Tam Jai International Co. Limited(譚仔國際有限公司)が、15日に香港証券取引所のメインボードへ上場申請書を提出しました。トリドールがこの企業を2018年1月に買収後、昨年10月にはシンガポール、今年4月には中…

バンダイナムコHD(7832) 海外グループ組織再編

実例 バンダイナムコホールディングスは海外3地域(米国・フランス・中国)子会社のリソースを集約するために組織再編を決定いたしました。① 米国のBANDAI AMERICA INC.(存続会社)と BANDAI NAMCO Collectibles LLC(消滅会社)効力発生日2022年4月1日② …

ダブル・スコープ(6619) 韓国子会社上場準備決定

実例 リチウム電池絶縁材のダブル・スコープの韓国子会社であるW-SCOPE CHUNGJU PLANT CO., LTD.は、韓国証券市場のKOSDAQ(コスダック)市場への株式上場準備を開始することを決定しました。上場予定時期は2022年上半期です。主幹事証券会社はKB証券と新韓…

ユタカ技研(7229) 米国子会社を合併で再編

実例 自動車部品メーカーのユタカ技研は本日、米国子会社間(カーディントン・ユタカ・テクノロジーズ・インコーポレーテッド(存続)とアラバマ・カルマン・ユタカ・テクノロジーズ・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー(消滅))の合併について決議し…

バンダイナムコHD(7832) 米国子会社を事業譲渡し再編

実例 バンダイナムコホールディングスは、アメリカ子会社NAMCO USA INC.のアミューズメント施設事業を今年3月に譲渡し事業撤退を行うことといたしました。理由は新型コロナウイルス感染拡大による施設の休業です。北米業務用ゲーム販売は継続するため、事業…

日本和装HD(2499) シンガポールに地域統括会社設立

実例 日本和装ホールディングスはシンガポールに地域統括会社Nihonwasou Asia Pacific Holdings Pte.Ltdを4月に設立することといたしました。理由は日本語教育サービスと人材紹介サービス事業の東南アジア展開における管理体制の強化及び投資判断の迅速化で…

ユニバーサルエンターテインメント(6425) 米国市場へ上場検討開始

実例 ユニバーサルエンターテインメントはフィリピンのカジノ事業を米国NASDAQ市場もしくはNY証券取引所へ上場させる方針を決定しました。SPAC(特別買収目的会社)のスキームにより上場する予定です。統合型リゾート(IR)事業の米国証券取引所への上場検討…

サンケン電気(6707) アメリカ上場子会社の株式売却174億円

実例 サンケン電気は本日、米国子会社 Allegro MicroSystems, Inc.の株式520万株をNasdaq市場にて売却することを決定いたしました。持分は54.7%から52%へ減少します。米国子会社株式の一部売却に関するお知らせ 注目点 先日上場した子会社ですが、本件売却…

GNI(2160) 中国子会社が深セン証券取引所へ上場申請決定

実例 創薬のジーエヌアイグループの中国子会社である北京コンチネント薬業有限公司は15日、株主総会にて深圳証券取引所(創業板ーチャイネクスト)への上場申請を決定しました。正確な上場時期は今のところ不明です。北京コンチネント薬業有限公司の深圳証券…

SMC(6273) 中国子会社から配当237億円

実例 SMCは中国子会社のSMC中国から配当金237億円を受領しまします。受領日は来年1月です。 注目点 先日発表された中国再編の前に対象子会社から配当させることで、子会社の企業価値を下げ、持株会社へ譲渡時に発生するであろう株式譲渡益の発生を避けること…

SMC(6273) 中国に投資持株会社設立

実例 空気圧制御機器メーカーのSMCは中国に持株会社のSMC投資管理有限公司を設立することを決めました。それに既存の中国子会社4社を統括させます。理由は子会社が稼いだ利益を持株会社へプールし再投資するためです。設立は今月を予定しています。 注目ポイ…

電通グループ(4324) 海外スポーツ事業を新設持株会社に集約

実例 電通グループは、事業持株会社の電通スポーツインターナショナルを新設し、そこに電通グループ所有の海外子会社6社(イギリス、アメリカ2社、シンガポール、ベトナム、ニュージーランド)とMKTGグループのスポーツ事業部⾨を集約いたします。スポーツ領…

スシロー(3563) 中国広州に回転寿司会社設立

実例 スシローグローバルホールディングスは先日設立した寿司郎(中国)投資有限公司による子会社の広州寿司郎餐饮有限公司(仮称) 設立を決定いたしました。設立は来年1月、合計出資額は10億円です。中国の拡大する回転寿司市場を取り込みます。 注目ポイ…

テクノホライゾン(6629) 中国子会社をグループ内へ事業譲渡

実例 光学機器のテクノホライゾンは中国子会社の北京艾路摩科技有限公司の事業譲渡と清算を決定いたしました。理由は別の中国子会社ESCO Audio Visual Pte. Ltd.への機能移管による拠点統合です。 注目ポイント 中国では特殊税務処理として事業譲渡において…

帝人(3401) 中国合弁企業の全株式取得48億円

実例 帝人は子会社が49%所有する中国合弁企業CSP Victall (Tangshan) Structural Composites Co., Ltd.の残り全株式50.6%に対し、中国企業QINGDAO VICTALL RAILWAY CO., LTD.から買収する契約を締結いたしました。帝人は今まで中国企業と上記企業を経営して…

電通グループ(4324) 海外事業構造改革で876億円費用発生

実例 電通グループは現在160以上ある海外事業ブランドを6つのブランドへ統合する事業構造改⾰を実施し、海外事業従業員の約12.5%をリストラいたします。また2020年度、2021年度の2年間で876億円の事業構造改⾰費⽤の計上を想定しています。人員削減効果と…

有沢製作所(5208) 台湾子会社を公開買付63億円

実例 エレクトロニクス関連材料の有沢製作所は台湾子会社のThinFlex Corporationの株式を公開買付することといたしました。理由は協力関係を深め成長するアジア市場を取り込むためです。買い付け期間は今月12月から来年1月、一株36台湾ドルで17.7~47.7%(計6…

ダイヤモンドエレクトリックHD(6699) タイ子会社を閉鎖

実例 電気機器メーカーのダイヤモンドエレクトリックホールディングスはタイ子会社のDiamond Electric (Thailand) Co., Ltd.の来年3月閉鎖を決定いたしました。これに伴い自動車機器生産機能を他のタイグループ会社のダイヤモンド電機アジアパシフィックへ移…

長大(9624) 持株会社体制に移行

実例 建設コンサルタントの長大は2021年10月に株式移転により「人・夢・技術グループ株式会社」を設立し持株会社体制に移行することといたしました。長大は上場廃止となりますが、持株会社は市場第一部にテクニカル上場申請を行う予定です。 注目ポイント 長…

大幸薬品(4574) 日本に海外統括会社設立

実例 大幸薬品は国内とトルコに子会社を設立することを決議しました。理由は台湾、中国以外の地域での感染管理事業の拡大です。国内に新設する大幸薬品インターナショナル株式会社は、欧州・中東・中南米等の新規開拓地域の統括機能を持たせ事業開発に係るノ…

パイオラックス(5988) 統括機能により中国事業再編

実例 ばね製造のパイオラックスは中国子会社の上海百奥来仕貿易有限公司に対し12月から事業統括機能を加えることといたしました。これに伴い社名を百奥来仕(中国)投資有限公司へと変更いたします。理由は既存の中国子会社をまとめ効率的な活動を実施するた…

日精樹脂工業(6293) 米国子会社を合併により再編

実例 プラスチック射出成形機の日精樹脂工業は米国子会社であるNISSEI AMERICA, INC.(存続会社)とNISSEI PLASTIC MACHINERY AMERICA INC.(消滅会社)の2社を今年7月に合併することといたしました。目的は経営管理体制を一元化し経営の効率化をはかるため…

今仙電機製作所(7266) 米国子会社が90億円DESと76億円減資

実例 自動車部品メーカーの今仙電機製作所はアメリカ子会社Imasen Bucyrus Technology Inc.に対する貸付金90億円をデット・エクイティ・スワップ(DES)し、その後76億円減資することといたしました。債務の削減および財務内容の改善が目的です。 注目ポイン…

理想科学工業(6413) 中国子会社を構造改革

実例 プリンター・印刷機の理想科学工業は中国子会社である理想(中国)科学工業有限公司の構造改革実施を決定いたしました。目的は利益体質強化です。組織の再編とスリム化を実施します。これに伴う費用として今期に特別損失約13億円の計上を見込んでおりま…

T&K TOKA(4636) 中国合弁会社の上場承認

実例 インキメーカーのT&K TOKAの中国持分法適用関連会社の杭華油墨股份有限公司は、中国上海の科創板市場(スター・マーケット)への新規上場が承認されました。上場日程は未定です。議決権の所有割合は44.67%です。 注目ポイント 杭華油墨は1988年に設立さ…

山喜(3598) 中国子会社の生産事業を再編

実例 シャツ製造の山喜は、中国子会社の上海山喜服装有限公司の生産事業を同じく中国子会社の塩城山喜服装有限公司に移管することといたしました。上海の人件費高騰によるものです。移管後は生産管理や中国国内の営業活動を行います。この再編により、リスト…

参天製薬(4536) 中国に統括会社設立

実例 参天製薬は中国上海市に中国統括会社の参天(中国)投資有限公司を設立いたしました。中国への今後の継続的な投資と、中国管理統括機能の強化が目的です。既存の中国関係会社3社を束ねます。 注目ポイント 参天製薬はこれまで、中国で得た利益を中国国…

ブイキューブ(3681) シンガポール子会社が22億円の株式を現物分配

実例 ウェブ会議サービスのブイキューブのシンガポール子会社である V-cube Global Services Pte. Ltd.は、保有するWizlearn Technologies Pte. Ltd.の株式をブイキューブへ現物分配することといたしました。これによりブイキューブは孫会社Wizlearn社を直接…

ナカニシ(7716) アメリカに持株会社設立

実例 歯科医療機器製造販売のナカニシは米国に子会社NSK America Holdings inc.を設立することといたしました。目的はデンタルチェアーメーカーのDCI International, LLCへの投資です。 注目ポイント ナカニシは本件米国持株子会社の設立発表と同時にDCI社の…

タダノ(6359) ドイツ子会社の事業再生手続き開始

実例 タダノのドイツ子会社Tadano Demag GmbHとTadano Faun GmbHはドイツ法に基づく事業再生手続きを裁判所へ申請いたしました。2019年7月にDemagブランドのクレーン事業を買収しましたが、新型コロナの影響により黒字化遅延が見込まれました。タダノ本社に…